赤ちゃんの部屋
スポンサーリンク

プレママ雑誌やネットを見ると、出産に必要な物、赤ちゃん用品等たくさんリストアップされています。でも、実際はそんなにあれもこれも必要ありません!初めての出産だと「赤ちゃんが生まれたら、なかなか買いに行けないだろうし、妊娠中に準備しておこう」と意気込んで、色々と揃えてしまいがち。

私たち夫婦は「数年後に、家族で海外移住しよう!」という目標があるので、出来るだけ物は増やさず、ミニマムに暮らす方法でムダを抑えて生活しています。赤ちゃんが生まれる時に、本当に必要だったもの・不要なものまとめました!参考になれば嬉しいです!

赤ちゃんの服


息子は3月生まれです。春生まれは、暖かくなってきているとはいえ、朝晩冷え込んだり、まだまだ肌寒い時期だと思います。本当に暖かくなるのはGWくらいからではないでしょうか。春生まれの赤ちゃんには、長袖必須!お布団も暖かい物を揃えた方が良いですよ!

1. 短肌着

短肌着とは、半袖のお腹までの丈の肌着です。春先はまだ寒い日もあるので、短肌着の上に、コンビ肌着を重ねたりします。その後は夏の肌着として使います。暖かくなってきたり、外出用の服に合わせる時など意外と早く出番があったりするので、生まれる前に数枚揃えておくと安心です。

2. コンビ肌着

コンビ肌着とは、着丈が長く赤ちゃんの膝あたりまである丈、裾が分かれている肌着です。裾が分かれているので、足をバタバタしてもはだけることなく、お腹が冷えないように、そして赤ちゃんも動きやすくなっています。

夏の室内では、ほとんどコンビ肌着だけで過ごしていました。とてもよく使いました!

まだ小さいうちは、ミルクを吐いてしまったり、オムツ漏れをしてしまったりするので、お出かけ用の服などは着せずに替えがたくさんある肌着で過ごすのがベストです!

おすすめ

短肌着とコンビ肌着のセットでの購入がお得です。生まれたばかりの赤ちゃんの肌には、オーガニックコットンを合わせてあげるのが良いです。

【1点までメール便可】オーガニックコットンベビー 新生児 5枚組肌着セット みつばち柄 RNB-16

価格:2,052円
(2019/5/9 22:30時点)
感想(340件)

3. カバーオール

カバーオールとは、パンツタイプの服です。(メーカーによって袖が半袖だったり、長袖だったり、足もすっぽり覆われているタイプもあれば、足首までの物もあります)

春生まれの息子には、特に新生児期に「コンビ肌着にカバーオール」を着せていました。手足まで覆われているタイプのもので、手で顔を引っ掻いてしまうのを防いでくれます。また、暑くなりすぎてしまったり、温度調節が必要な時は、足を出すこともできるので、とても便利でした。

おすすめ

こちらのカバーオールは、必要に応じて、手足を覆うことができる商品です。インポート物は色使いが可愛いので、おすすめです!

送料無料 ロンパース ジップアップ カバーオール 女の子 男の子 秋冬 秋春 おしゃれ 赤ちゃん パジャマ ベビー服 肌着 前開き 出産祝い 足つき 長袖 長ズボン 乳幼児 幼児 子供服 キッズ かわいい 可愛い 北欧 70 80 90 ギフト プレゼント メール便 【楽ギフ_○○】【-】

価格:1,310円
(2019/5/13 23:21時点)

4. セレモニードレス

セレモニードレス
退院をお祝いする「セレモニードレス」

セレモニードレスなんて、やりすぎじゃない?!と思っていましたが、退院時だけではなく、意外と他でも出番がありましたので、品のある服を着せなくちゃ!という時のために購入しても良いかと思います。

我が家は息子なので、レースがない白地の物を選びました。ドレスってほどではないけれど、真っ白の服は、お宮参りにも使用できます。我が家ではお祝い事などの時にも着せました。

5. 帽子

帽子は必須です!私は用意していなかったので、慌てて生まれてから買いに行きました。赤ちゃんにもよりますが、息子は髪の毛が薄かったので余計に寒そうで、外出時はミキハウスのタオル地の帽子を被せてあげていました。夏になるとつば付きの帽子が良いと思いますが、暑くなるまではタオル地がおすすめです。

6. おくるみ

おくるみは万能で何にでも使えます!出産祝いでもプレゼントの定番になっているのは、いくつあっても困らないからだと思います。

おくるみは薄手の素材ですが、室内で掛けてあげても良いし、外出時の肌寒い時、夏場には日よけとしても使えます。そして出先で授乳したい時、授乳ケープがない場合は、授乳ケープとしても使うことができます。本当におくるみは万能です!

スポンサーリンク

生まれてからでも間に合うもの

1. スタイ

スタイも買わなくちゃ!と思っていたのですが、実際はヨダレが出始めるのは3ヶ月以降から。なので、新生児から3ヶ月ほどの時期はスタイは必要ありません。

2. アウター

寒い地域に住まれている方はアウターが必要かと思いますが、東京都内では必要ありません。朝晩は冷え込むとはいえ、赤ちゃんを寒い時間帯に外出させませんし、日中肌寒い時は、おくるみやブランケットで包んであげると良いです。小さい時期にアウターを購入しても、その時期しか着れないのでおすすめしません。

3. 靴下

靴下はいるかと思っていましたが、外出時は寒さ対策の兼ねて、カバーオールなど足まで包まれる服を着せることが多かったため、必要ありませんでした。反対に室内にいる時は、ブランケットなどで暑くなりすぎないように裸足にさせて温度調節をしていたので、靴下を履かないまま夏になりました。赤ちゃんの身長も大きくなるので、必要な時期になったら購入しても遅くはありません。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんが生まれる前に、色々揃えておかなくちゃ!と思うものですが、実際は雑誌やネットに載っているものまで必要なかったりします。生後1ヶ月は自宅で過ごしますが、1ヶ月健診を終えたら赤ちゃんと外出もできるようになるので、必要なものがあれば、赤ちゃんと一緒にお買い物へ出かけるのも良いと思います。ただでさえ、成長と共にサイズアウトしていく服で溢れていきますから、必要なものだけを揃えてお家の中をスッキリ収納しておきたいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事