生後3ヶ月
スポンサーリンク

新生児期が終わり、赤ちゃんとの生活に慣れてきた頃。

赤ちゃんも日中起きている時間が長くなり、「授乳にオムツ替え」のお世話から、「赤ちゃんとの遊び」もできるようになってくる時期。

赤ちゃんの成長が嬉しくもあり、同時にこれからどう過ごしていけば良いのだろうと心配になる時期でもあります。

そこで今回は、こどもちゃれんじ監修の「生後3ヶ月ってどんな時期?」を参考に、息子が3ヶ月の頃に実践していた遊びなどを写真付きでご紹介します!

生後3ヶ月 赤ちゃんの発達

目でものを追うなど、少しづつまわりへの興味が広がり始めるタイミング!

生後3ヶ月頃になると、首もしっかりしてきて、まわりを見渡すことができるようになります。

それに伴い、目でものを追ったり、おもちゃを少しだけ握ったり、まわりへの興味が高まっていきます。

腕を自由に動かせるようになり、指しゃぶりをする赤ちゃんが増えます。

生後3ヶ月

光の方に手を差し出したり

腕が動くと自由自在に楽しみ始めます!

視力は、0.01-0.02 程度。追視と言って、目でものを追うようになります。

うつ伏せにすると、少し頭を持ち上げるように。首がかなりすわってきます。

音を「聞くこと」に注意しを向け始めるようになります。

生後3ヶ月

言葉の意味は理解していなくても

オムツ代えの時

自分で服をめくるなど

ママの声を聞いて

できることが増えていきます

ことば

機嫌がいいときは「アー」「ウー」と言ったり、声を出して笑ったりすることもあります。

こころ

特定の人との愛着関係を築き始める時期。あやすと笑ったりするようになります。

スポンサーリンク

生後3ヶ月 赤ちゃんの生活

昼夜の区別がついてくる

昼間起きている時間が長くなり、夜まとめて寝られるようになってくるため、だんだんと生活にリズムが出てきます。授乳間隔は、3-4時間程度に落ち着く時期。赤ちゃんが起きている時間は、散歩をしたり、手足をさわってスキンシップ遊びをしたりしてみましょう。

生後3ヶ月

モービルやベビージムがあると

赤ちゃんの5感を刺激して昼間の遊び時間に役たちます

プレイジムには、触ると音がするおもちゃや鏡、赤ちゃんが握りやすいサイズのおもちゃがいっぱい!

家事の間に1人で遊んでもらうアイテムとしても優秀です

▼お手頃プライスでおもちゃも1つづつ取り外せて、外出時にも活躍!

 

▼お部屋のインテリアとしても合わせやすい優しいグレーのベビージム

▼4面がゲートになっていて、寝返りなどし始めた時でも安心して遊ばせられる

表情が豊かになってあやすと笑う

新生児の時のほほえみは「生理的微笑」と呼ばれ、感情ではなく生理的にほほえんでいますが、この時期になると「社会的微笑」といってあやすと笑うようになります。これは、感情が育っている表れ。あやすと反応が見られるので、一緒に遊ぶことが楽しくなってきます。

生後3ヶ月

お庭でプール

色々な感覚に触れさせて

赤ちゃんと一緒に遊びます

赤ちゃんの反応が見れて

コミュニケーションも取れるようになります

スポンサーリンク

生後3ヶ月 赤ちゃんとの遊び

好奇心や興味を刺激

遊びの中で目にするものを口に入れたり、さわったり。目が離せないこれらの行動も赤ちゃんにとっては好奇心や興味を満たす検索活動。

このような経験を通して「やわらかい」「重い」などの感覚や「たたいたら音がする」などの仕組みを確認していきます。

原色の色使いの絵本や、簡単な分かりやすいストーリーになっている「ノンタンシリーズ」は息子も大好きで読むと微笑んでいました。

赤ちゃんのお気に入りの絵本が見つかる頃だと思います。ぜひおうち時間を利用して読み聞かせをしてみてくださいね。

生後3ヶ月

おうち時間を赤ちゃんに楽しんでもらうには

ベビージムや柔らかいおもちゃが大活躍します

出産祝いにもらった柔らかい室内用のボール

顔が書いてあって赤ちゃんも顔と認識しましたし

コロコロ転がってるのを見ることで

追視をして楽しんでいました

自分で持ったり、遊びの幅が広がります

▼それぞれ動物の顔が可愛い、種類の多い柔らかい室内用ボール

▼外出先でも持ち運び可能!赤ちゃんでもつかみやすいオーボール

生後3ヶ月過ごし方 まとめ

生後3ヶ月になると、赤ちゃんとのコミュニケーションもできるようになってきますが、まだまだおうち時間が長い時。

そんな時に、絵本や赤ちゃんの遊びやすい柔らかくて掴みやすいおもちゃがあると、赤ちゃんと一緒に遊ぶやりとりができるようになります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事