grab
スポンサーリンク

2019年2月に、10ヶ月の息子を連れてセブ島に旅行に行きました。

まだ1人で歩けない赤ちゃん連れのセブ島での移動は、絶対にGrabtaxi(グラブタクシー)が安くておすすめです!

ミラ
なぜGrab taxiをおすすめするのか、アプリのインストールから、予約の仕方、乗り方など、写真付きでお伝えしていきます!

Grab taxiは、飛行機の早朝便にも対応!

成田⇄セブ島の直行便では、朝早い便があり、空港でのチェックインの時間を考えると、早朝にコンドミニアムやホテルを出ることがあります。

早朝も対応している「Grab taxi」がとっても便利です!

スポンサーリンク

Grab taxiとは?

そもそもGrab taxi(グラブタクシー)とは、セブ島で利用できるタクシー配車システムです。セブ島・フィリピン以外でも、マレーシア、シンガポールなどのアジアで対応可能アプリです。

出発前に、日本でアプリをインストールして事前に設定をしておくことをおすすめします。

設定は、氏名などの情報です。

クレジットカードの登録については、現地で行います。日本ではGrab taxiエリア外になりますので、位置サービスで設定変更を促すポップアップ画面が出てきてしまい、クレジットカード情報を登録できないからです。

ミラ
インストールは簡単なので、旅行前に準備しておくと現地で慌てずにすみます!
スポンサーリンク

赤ちゃんや子ども連れにGrab taxi が良い理由

私は初めてセブ島に行きましたが、とにかく驚いたのが、赤ちゃん連れでは歩けないということ!

なぜ歩けないかというと、、、

セブ島の現実
  1. 排気ガスがすごい(電車がないから、車社会でバイクもとにかく多い)
  2. 野良犬がたくさんいる(ローカルストリートに行けば寄ってきます。怖)
  3. 信号が圧倒的に少ない、というより、無いに等しい(慣れていないと道を渡るのにもひかれそうで怖い)
  4. 歩道がない場所が多い(まだまだ貧しい国フィリピン、交通整備されていません)
  5. ベビーカーは論外(日本から持って行きましたがショッピングセンター内だけしか利用できませんでした)

    お分かりの通り、赤ちゃんや子連れでなくとも、セブ島に慣れていないと歩くのでさえ困難です。さらに、日本ではなかなか見かけない野良犬がローカルストリートにはたくさんいます。1匹じゃなくて、数匹で行動しているからなおさら迫力があって怖かったです。(食べ物欲しさにフラフラと寄ってくる怖)

    私たち夫婦は、セブ島に行くのが初めてで何も分からないまま行きました。宿泊していたコンドミニアムからgoogle mapで徒歩20分のところにショッピングモールがあったので、東京にいる時と同じくベビーカーで移動すれば良いと考えていましたが、とんでもなかった!これから子連れでセブ島に行く方は気をつけてくださいね。

    ミラ
    たとえ徒歩15分など近場でも、排気ガスが多かったり危なかったりするので、格安なGrabtaxiに乗ることをおすすめします!

    Grab taxi 利用方法

    日本でタクシー配車アプリを使用したことがある方は、イメージしやすいと思いますが、基本的に操作は同じです。

    今いる場所を入力 → 行き先を指定 すると、近くにいるGrab taxiドライバーを見つけてくれます。基本的に混んでいなければ、数秒で見つかります。

    するとこんな画面になります。

    ドライバーの顔写真と名前、車種やナンバーまで表示されます。どんな車に乗っているか、色まで表示されますので、大通りでタクシーを待つ場合も分かりやすいです。

    その後、すぐにmap画面に切り替わり、何分で到着するかが分かります。

    ドライバーが指定の場所に到着してから、5分経過してもお客が現れなかった場合は、自動的にキャンセルになりますので、注意してくださいね。ちなみにこの注意事項はポップアップで表示されます。

    画面右下に「電話・メッセージ」のマークがあります。律儀なドライバーは、「数分で着きます」とメッセージをくれたり、大通りでタクシーを予約した場合は、「もうすぐ到着するけど、どのあたりにいるの?」というようなメッセージが届いたりします。もちろん英語でメッセージがきますので、簡単な英語は使えると良いと思います。

    マクタン空港から乗る場合

    初めてセブ島に行く方は、交通事情やセブ島について知らないため、空港出口から降りてすぐの場所にあるタクシーを利用する方が多いと思います。私たち夫婦もそうでした。宿泊先はホテルではなく、コンドミニアムだったので送迎バスがあるわけでもないため、タクシーで行く予定でした。セブ島到着時は、あいにくの雨でした。さらに、Grab taxiアプリのクレジットカード登録をしなくてはいけなかったので、近くのタクシーでいいや。という気持ちでした。

    たくさんのタクシー会社の客引きがいました。ブースでは、英語ではなく、タガログ語で話しているため私たちには何を言っているか分かりません。もしかしたら「良い客が見つかったよ」と話していたかもしれません。(あくまで私の想像ですが笑)

    声をかけられるがまま、その会社のタクシーに乗ることにしました。事前にブースで料金を支払います。セブシティのどの場所に行くかで一律料金になっているようです。セブ島では渋滞が多いので、時間ではなく場所で料金が決まっているのはありがたいことです。(Grab taxiもそうです!)

    タクシードライバーはとても優しく、「外貨両替は済んだ?もしまだだったら、レートの良い場所に寄るよ」と言ってくれていました。私たちは先を急いだので、お礼を言って宿泊先に向かいましたが。

    マクタン空港から、セブシティにある宿泊先のコンドミニアムまで、675ペソ、日本円で約1460円でした。まあいいかという気持ちで承諾しましたが、帰路の際に、コンドミニアムからマクタン空港までGrab taxiを予約すると、258ペソ、日本円で557円でした。なんと3倍もの料金を取られていました。物価が安いとはいえ、やりすぎですよねー笑。

    まあ初めてのセブ島だったので、良い経験になりました。

    皆さんも時間に余裕がある場合は、空港に着いたら、Grab taxiアプリのクレジットカード登録をしてから配車予約をすると良いですよ!空港出口を出るとすぐにタクシーエリアになりますので、様々なタクシー会社客引きが寄ってきますので、お気をつけください!

    スポンサーリンク
    おすすめの記事